「アクアフォーム」をおすすめする理由

住まいを隙間なく包み込み高気密・高断熱を発揮します。

優れた断熱性・気密性

高い断熱性と気密性を誇るアクアフォーム。複雑な構造の住宅も現場で吹付けて発泡させるから隙間なく施工できます。
また自己接着能力によって強力に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。高い気密・断熱性をもつ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

換気システムの効率化

日本の住宅の多くは隙間が多い上、換気不足の状態にあります。近年、化学物質アレルギーが頻繁に取り上げられていますが、その原因のひとつには換気不足があります。
隙間から抜ける空気は換気ではなく漏気です。アクアフォームは効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、また漏気の原因となる隙間をふさぎます。これによって優れた空気環境を長期間維持することができます。

長期間に亘って効果を発揮

従来の繊維系断熱材は内部結露が起これば、重みで下がってしまい、住宅の断熱性能が低下します。そのため、長期間に亘って安定した断熱性・気密性を保つのが難しいという欠点がありました。アクアフォームは、自己接着力により建物の構造材と構造強度を向上し、木材の経年変化にも対応しやすく、透湿性の低い硬質ウレタンフォームを隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制。長期に亘ってその効果を発揮します。

アクアフォーム施工後の写真
アクアフォーム施工後の写真
アクアフォームの断面の写真